適応/性同一性障害と向き合う徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ママは昔パパだった。ちょっと感想

<<   作成日時 : 2009/08/29 12:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

WOWOWOWで放送された「ママは昔パパだった」の1話目のちょっと感想。

最初の件が保健証の性別の違いから始まります。

わたし自身「子供さんあり」の当事者に関しては、批判もしないし、差別をしようとも思わない。
けれど、このドラマはまるで「子供さんあり」の当事者への法律改正へ向けての強いスタンスを持って流しているイメージを持った。
まだまだ性同一性障害の当事者はいろいろな環境の元で暮らしているので、「子供さん有りの当事者」だけを対象にするのは如何かと思いました。

社会理解に一つのイメージだけだと当事者内でまた軋轢が増えるのでは無いかと思います。
電波マスメディアに取り上げられる事はその事だけのイメージとしてとても強いイメージに取られかねません。

それだけが不安で怖いです・・・

一応脚本は「大石静」氏です。
エンディング曲の松任谷由実の曲は良かったな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

リンク集

ママは昔パパだった。ちょっと感想 適応/性同一性障害と向き合う徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる